旅行・地域

東京潜伏記⑱ 最終章

Touhokusinkansen Aomori 3泊4日の東京旅行も最後。ハッキリいって戻りたく無いです。函館にということでは無く、仕事とそれに付随する日常ってヤツにです。この東京滞在中に色んなことを思い巡らせました。旧友や元同僚と会ってみて、その成長した姿を見て、自分が置いて行かれた感もあり、函館に帰っての職場での不適合感を思ったりと、いいイメージが湧きません。帰りの東北新幹線に乗り込み、車窓から福島、仙台と過ぎてゆき、岩手で積もった雪を見た時は現実に引き戻されてゆきます。青森(画像右)では、もう完全に日常モード。そして、19時15分に函館到着です。

そんな、いやなイメージも写真週刊誌FLASHのナンバーズ達人 遠藤さんからのメールが届き、気分はリラックスモードへ。達人のナンバーズ予想(28日)が当選です。(ちなみに30日もボックス当選です。やっぱ、違います。)

1日(日)から仕事に復帰です。いい意味で脱力でいきます。この東京滞在中に出会った人たちにありがとうっていいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京潜伏記⑬ 新宿2丁目

Nichume

「脱力少年、ゲイをカミングアウト!」ってわけではありません。以前、といっても10年位前に実話系雑誌で興味深い記事を発見。それは2丁目レポートで、その中に2丁目のコンビニの本コーナーにはゲイの方向けに雑誌の小学五年生や(五年生がイイそうです(゚ー゚;)スポーツ雑誌のナンバーなどアスリートが沢山、紹介されている記事を多く入荷させているとのこと。TVや雑誌で2丁目が紹介される度にこの記事が浮かんで着てました。それなら、この機会に確かめねばと思い、2丁目のコンビニに1件目のampmですが、それらしい書物やサムソン等の専門誌(?)もありません。他にもローソンなども同じです。それよりも中国系や韓国系の人向けの求人誌などが目立ちました。(画像右は求人ボックス)2丁目に入り、マッキーの曲を鼻歌交じりで歌っていた僕ですが、まだ日中ながら、ちょっとバイオレンス感も感じ、気分はマッキーから不夜城の金城にチェンジです。

10年の歳月はネットやケータイの普及で、コンビニなどで売らなくても情報が入手しやすく、姿を消したのでしょう。今度、来るときは夜に来たいです。社会勉強としてですよsecret

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京潜伏記⑫ 高円寺

Kouenjia Kouenjib Kouenjic Kouenjid Kouenjie Kouenjif Kouenjii KouenjiinuKouienjig

高円寺といって連想するのは、筋肉少女帯の『日本印度化計画』です。「高円寺で見たターバンの男よ♪ 俺をいざなえガンジスに流れに♫』 駅に降り立つと思わず鼻歌です。商店街には東京ヴェルディの応援の垂れ幕が。西荻のFC東京、横浜駅のマリノスとJはやはり地域密着でなきゃ。コンサドーレよ、そういう点が欠けてルゾ。石崎監督に期待です。

やはり、こだわりがありますね。インド系の主婦の人や首にタトウをしたお兄さんが同じ道を歩いていても、それが自然に感じてしまいます。雑貨店もコンセプトがハッキリしている感じ。西荻が地域密着なら高円寺は日本中のヒッピー的な人が集まってくる感じです。気のせいかヴィレッジバンガードが一番、ヴィレッジバンガードらしいってとこです。

中央線巡りはこの高円寺で最後ですが、すっかり気にいりました。こんな街で北尾トロさん的な人と小さなバーでサッカー談議でもしてゆっくり暮らしたいなあ。まったく警戒心の無い犬がこの街らしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京潜伏記⑪ 西荻窪

Nisiogia Nisiogi Nisiogi2 Nisiogi3 Nisiogi4

僕にとって荻窪といえば、10年ほど前に、東京ラーメン店を代表する、春木屋に来た思い出があります。今、荻窪、西荻といえば、北尾トロさんの本に出てくる、濃くも人情味のある街並みをイメージします。先日、訪れた、吉祥寺は思わず、洗練された気がしましたが、西荻はやはり、コクのある街でした。商店街に入ると、JリーグのFC東京を応援する旗やポスターが一杯。喫茶店、お茶専門店、金魚専門店(画像中)、なにより建物自体が年季が入っております。歩き疲れてきた頃にアイスクリーム屋さん、荻窪牧場 アイスクリーム工房 ぼぼり さんが目の前に。アイス好きのボクは誘われるように入店。バニラをいただきました。さっぱり感しながらもコクとミルキー感が強く、とても美味しいです。北海道人の僕も思わず唸りました。ステキな商店街でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京潜伏記⑩ 中野ブロードウェイ

Sunplaza Daimon Daimonshouyu Tatujinto Bro1 Bro2 Bro3 Dunk

中央線雑貨店巡りの2日目は中野駅からスタート。駅前には中野サンプラザがそびえ立ちます。中高生の頃、爆風スランプに夢中になっていた僕は(見当違いながら)感激です。

中野といえば、先日、僕の地元、函館で感激の初対面を果たした、写真週刊誌FLASHのナンバーズ予想でお馴染みの達人 遠藤さんのオフィスがあるはず。僕もいきなりながら、思い切ってケータイにtel. 達人さんも.多忙な身ながら、会ってくれると。感激と緊張が入交りながら、喫茶店で待ち合わせ。ミュージシャンを思わせるスター性とルックスにオーラを感じます。色々と楽しくもタメになる話を聞かせてもらいました。そして、モール街にある、函館ラーメン 大門で昼食。すっきりとしながらもコクのある一杯でした。達人さん、ご馳走様です。その後、達人とお別れをして中野ブロードウェイへ。

僕はアニメやフィギュアなどには興味が無いのですが、社会勉強として見学。のつもりでしたが、限定チョロQやサッカー選手のフィギュアに釘付け。昔のアイドル雑誌が売っている書店で、昔のダンクや宝島を発見。ビニールが掛かっているので中身はチェックできませんが、表紙を見ているだけで懐かP!キョンキョン好きの僕は思わず、ダンクの創刊号を購入。(1470円也)やっぱ、可愛いっす。あ、今の小泉さんも好きですよ。エビスビールのCM,素敵です。映画 トウキョウソナタでのクールな母親役はハマってました。と、気分は思春期のガキにタイムスリップでした。中学生の頃はキョンキョンや映画グレムリンなどでお馴染みのフィービー・ケイツが好きでした。

モール街のBGMに何故か、坂本龍一の 音楽 が。それもイイ気分度を高めてくれました。やっぱ中央線っていいな。次は西荻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)