スポーツ

474回 ロト6予想

今年も残すところあと4開催です。

今回も予想2口+QP1口の600円勝負です。

1口目は 1・16・20・29・30・35  2口目は 7・18・21・33・35・38 に賭けます。

週刊誌FLASH予想にて、佐々木聖一氏は 13・16・18・19・36を推奨。西村彰史氏は 5・9・23・26・38を。

東スポ 横山タダシ氏は 5・24・34 を本命に。ここ最近の傾向は、均等配置が多く、反動で集中出目が出るとみております。

当たってfull  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎フロンターレの代償

Kawasaki Jリーグで現在首位を走る、川崎フロンターレ。

僕が住む、函館市の隣町 七飯町 大沼の多目的グラウンド トルナーレに毎年、強化合宿に訪れます。

Jリーグ大好きな僕にとって,これは大変に嬉しく、光栄なこと。

今年で5年目のキャンプですが、1回目から見学させていただいてます。

米山、我那覇もイキイキしてました。まだ、レギュラーではない、チョンテセのひた向きさに胸を打ちました。

練習試合も手を抜かず、皆、全力プレー。

ジュビロサポの僕ですが、川崎も応援です。

地元のサッカー少年たちにも、気がるにサイン、握手に応じるなど、気さくな選手達。

11月3日に行われた、ナビスコカップ決勝は、初タイトルのチャンス。

下馬評でも川崎有利でした。僕も、石川が欠場のFC東京は不利とみました。

が、2-0でFC東京の勝利。憲剛を封じられ、攻め手に欠いたフロンターレは、またしても、勝負弱さが。

それよりも、残念なことは、試合後のセレモニーで、メダルを外したり、ガムを噛んだりしていた選手が。

ちょっと残念ですね。そんな、精神というか、心構えが、最後の壁の1枚を破れないのでしょう。

フロンターレよ、今回の常識を欠いた行為を本当に反省しているのなら、ピッチで結果をだせ!

優勝しか無いぞ!!

特に森よ、あんたにかかってるぞsoccer

(画像は今年 6月の大沼トルナーレ合宿)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京潜伏記④ 横浜F・マリノス 練習風景

Marinosu1_2 Marinosu2_3 Marinosurennshuu Marinosurennshuu2 Marinosujinja

北海道人のボクにとっては、温かくさえも感じるハマの風。駅から10分も歩けば、高層ビルと上手く共存するように、グリーンのさわやかなピッチが。マリノスタウンと名付けられ、ローソンもマリノスバージョンに。

この時期は体力づくりが主な目的のようで、ひたすら、走る選手たち。僕も知っている選手をしたすら目で追います。FWの清水も32歳ながら、黙々と走ります。ウェンツえいじを長身にしたようなハーフナーマイクは目立ちます。北海道人としては山瀬兄が気になりますが、見当たりません。弟は、割とハイペースで走ってました。松田が登場すると、サポーターも皆、身を乗り出しました。トルシエジャパンの時はDFの中心であったのに、今は代表ご無沙汰です。まだ、できそうなのに。

マリノスは昨年、降格の危機にもさらされました。今年は俊輔の復帰に噂されております。中沢は残留。いろんな意味で注目です。ちなみに画像左は新横浜駅に祭られているマリノス神社です。サポーターはここで勝利を願うのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名波浩 泥まみれのナンバー10

Morisinanami 名波引退の報道が。名波を語ったノンフィクション 泥まみれのナンバー10を以前に読ませてもらいました。イタリア時代の苦悩、ヒデとの友情、恋愛感、家族愛など名波の人間味が伝わってくる良書です。クールなイメージとは違い、やべっちFCで見せてくれたおおらかさ。プレイでは効き足の左から繰り出される、フリーキック。冷静な状況判断。名波、藤田、福西、服部、田中誠、そしてゴンタカ2トップ。絶頂期のジュビロからサッカーの面白さを教わりました。時代は流れ、今、ジュビロは降格争いの崖っぷち状態です。名波はセレッソにレンタル時に、一度、降格を経験しております。同じ轍は踏むはずはありません。先日は盟友のセレッソの森島も引退しました。世代交代の時期ですが、必ずしも上手くいっているように思いません。指導者を目指しているといわれる、名波、モリシ、数年後は監督で対決しているでしょう。もちろんジュビロ-セレッソをJ1の舞台で....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HERO`S 船木誠勝

Funaki 9月23日(火)TBS系にて総合格闘技 HERO`Sが放映されます。パンクラスの創始者 船木誠勝とその弟子にあたるミノワマンとの対決は必見です。僕にとっての船木とは、‘秒殺‘という格闘技界に於ける流行語を生みだした真剣勝負の団体 パンクラスのエースという位置づけとともに、その肉体改造法です。1996年に発行された『ハイブリッド肉体改造法』では、船木がプロレス界のタブーともいえる、ステロイド使用の告白から食生活、休息など今では常識となりつつあるトレーニング法を分かりやすく説明。そして、2005年発行の『ハイブリッドヨガ』では火の呼吸と呼ばれる独特の呼吸法を取り入れたヨーガで全身を鍛える方法をDVDにて詳しく説明。僕自身30後半にも関わらずに腹筋が割れていられるのも、船木理論に基づいたトレーニングのお陰だと確信しております。(最近はトレーニングもちょっとサボリ気味ですが........) HERO`Sでは美しい闘いを見せて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュビロ磐田よ

大混戦のJリーグ。ジュビロサポーターの僕は心配でしょうがありません。開幕前は、優勝争いはできないだろうなと思っておりましたが、まさか16位とは。コンサは当確としても、千葉、磐田、横浜が降格争いとは。サッカーはどんなにいい選手が揃っていても、チーム、フロントの足並みが一度、ずれると修復が困難ですね。それから、今日の千葉-ヴェルディ戦にて、巻と深井の駒大コンビが6年ぶりに2トップを復活、そして各々がゴールを決めて快勝とのこと。このコンビは2001年の天皇杯のジュビロ戦にて延長までもつれこませました。うーん、ジュビロに好材料はないのか。中山のゴンゴールで流れを変えてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)