2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2018年5月21日 (月)

脱力少年が食べたラーメン⑭ 北斗軒

昨年、6月、北斗市茂辺地(もへじ)という人口数千の町に、
彗星の如く出現。今年の1月に来店客数延べ5000人達成。
化学調味料を使用せず、薬膳を巧みに使いこなすシェフ、
そして、神がかった接客の奥様。
P1010076 P1010079
つま先まで神経の行き届いた調理でした。
残念ながら、5月20日でシェフ夫妻は最後。
北斗市の会報誌によると、来店客数は1日約30名。
売り上げは3~4万でしょうか。
それでは、いくら通から評価されても商売として将来的にやっていくのは
困難だったのでしょう。
UZIHAN(うじうじ飯店)に迫る期待感がありましたが。
またどこかで味わいたいです。

2018年4月16日 (月)

脱力少年が食べたラーメン ごんちゃん その弐

ま、ネットでここだけの話ですっていうのもアレなんですが、
もうすぐ暖簾を下すようです。
店主の健康状態も思わしくなく、今は、名物(?)奥様が、
のぼりを出さずに、常連だけを相手にしている状態。
店主は御年81歳。函館市のラーメン店主の最高齢は、昭和苑の大将の75歳だと
思ってましたが、まさか80越えとは。
Img_20180415_115256 タンメン。
これだけ、温野菜をとれる一杯はないでしょう。
食後は、どんな栄養ドリンクよりも体が温まります。
この、お店の店主や奥様には、時には、励まされ、叱咤激励され、
癒される空間でもありました。
店主には、お店を閉めても、ずっと元気でいて欲しいです。

2018年2月11日 (日)

脱力少年が食べたラーメン⑬ りんさん

老舗です。
以前、函館駅前にあった時にも行った記憶があります。
Img_20180211_130625 五香麺(ウーシャン麺) セロリ入り台湾風ラーメン \200
牡蠣ラーメン、ザーサイラーメンとどれも美味しかったのですが、
今回のウーシャン麺も特唸り。
スープに使う水はアルカリ天然水。
つるつるした麺は唇に触れるといい感触。
塩味ベースのややピり辛スープにセロリの食感。
計算されつくしてます。
りんさん、あじたかと丁寧系中華はいいです。
函館はボリューム系や味付け濃っ!系が多く感じますが、やっぱ繊細がいいっすhappy02

2018年2月 4日 (日)

脱力少年が食べたラーメン⑪ その弐 麺喰 藤本

ワンコインラーメンながらも、
クオリティの高さで人気店となっている麺喰 藤本。
そのワンコインも600円になるそうですが、クオリティを保つためには仕方ないです。
今回はカレーラーメン。 主人は札幌のスープカレー店で修業したと聞いて、
期待値が↑
Img_20180203_185326 750円は嬉しい。
思いっきり本格的にしてくると予想しましたが、
オーソドックスに攻めてきました。自信の表れでしょう。
色々な具もアクセントになって満足です。
で、自分はカレーラーメンが好きで、本場室蘭で十数件いただいてきました。
脱力少年が食べたカレーラーメン1位は
Imgp00471 室蘭 大王なかじま店。
スープのとろみと縮れ麺の絡み。スパイスの辛味。(からみ繋がり...さぶっ...)
地元民での間では、本店かなかじまかと評価が割れるそうです。
カレーラーメンと言えば、ラー通タレントの勝俣サンが、
TBSリンカーンで、あじさいのカレーラーメンを絶賛してました。
函館、室蘭と道南には、まだまだ名店がありそうな気がします。

脱力少年が食べたラーメン⑧ まんまるてい その2

平日限定 追いジャケスープをいただいてきました。
Img_20180202_114435_2 みためはデフォのしょう油。
隠し味的であり、鮭全面ではありません。
煮干しにおけるニボニボ的にサケサケにたら、生臭いかな。
まんまるてい他にも、イカや焼き干し(現在なし)でアクセントをつけて
楽しませてくれます。
で、鮭節。個人的にはもっと鮭を強調してもいいかな。
Img_20180204_182000 常連さんへの心遣いです。
毎年、2月下旬から常連特典として、
麺やスープにひとひねりしてくるのですが、今年は無し。
それで、ロゴ入りボールペンだそうです。
嬉しいhappy02

2018年1月13日 (土)

脱力少年が食べたラーメン⑫ 味の三平

札幌味噌の王道。
Img_20170409_154058 炒めた玉ねぎ、シャキシャキモヤシ、ひき肉と栄養も豊富。
札幌の中心のある大丸藤井ビルにあります。
なので、地元民や観光客もバランスよくやってきます。
純連やすみれ系のような、よくも悪くもこってり感やクセがないことも、
常連が離れない理由かと思います。
しょう油もいいです。

2018年1月 7日 (日)

脱力少年が食べたラーメン⑪ 麺喰 藤本

ワンコインです。
とはいえ、650円くらいの価値はあると感じました。
Img_20170504_204127_2 この画像はグーグルマップで3000以上のアクセス
ツイッターで10のいいねをいただきました。
Img_20170715_200829 塩。
細部まで神経が行き届いているようで、こちらも真剣に食しました。
原価だってそんなに安くないと思います。
このまま頑張って欲しいです。

2018年1月 1日 (月)

脱力少年が食べたラーメン⑩ 天下一品

天一です。

 

 

自分が一番最初に食べた店舗は、仙台。

 

 

今から20年以上前です。

 

 

ポタージュのようなとろみがあるのに、しつこくないスープ。

 

 

旭川の山頭火とはまた違ったコクとこってり感。

 

 

美味しいと感じてました。

 

 

その後は、阿倍野で。

 

 

で、昨年の11月19日に札幌の中島公園近くの店で。

 

 

Img_20171119_154823 半チャーハンセット。

 

 

自分の味覚が変化したのでしょう。あんまし感動はなかったな。

 

 

スープの深みが感じられなかったかな。

 

 

札幌でどの位やっていけるのか注目したいです。

脱力少年が食べたラーメン⑨ 餃子の王将

画像が札幌 狸小路5丁目店です。
今まで、池袋、下北沢、天王寺店などを利用。
一番のオキニは通天閣の下です。
偏見と捉えられると困るんですが、ちょっと店舗の壁なんかが、
油っぽい、お客も昼からビールを飲んでいるような雰囲気が好き。
Img_20170102_154738_2  ラーメン、餃子、半チャーハンのセッをトですが、1000円でお釣りが。
単品だとあっさり系を注文します。
自分も餃子の王将はラーメン店とか中華というより、
飲みをメインにしたいかな。
函館にはありません。大阪王将はちょっと....

脱力少年が食べたラーメン⑧ まんまるてい

店主はラーメンの鬼 故 佐野実氏に憧れをいだいてはおり、
その流れを汲んだ、見た目はシンプルながらも情熱と研究心が詰まった一杯。
Img_20180101_114411_2 具はネギのみ かけ(¥600) 自家製麺の食感と香りを充分に味わえる。
Manmarua_2 しょう油 あっさりながらもその味は味覚中枢に爪痕を残す。
20170827121144_p_2 別味しょう油 つけ麺のタレを使用。麺も太目で食べ応えあり。
札幌でもやっていけるレベルだと感じてます。
催事やラーメンコンプレックスなどの勧誘には応じません。
店名と相反する頑固さも魅力の一つです。

より以前の記事一覧