« 大蓮と糸末 札幌の味噌ラーメン店 | トップページ | ナンバーズ予想 3月13日 »

函館のラーメン その2

また、スマホに画像がたまってきたので放出します。

Ajitaka あじたか

函館市をラーメンといえば、塩ということになっているというか、させられているかというか。

で、もし、自分が他県から「函館の塩」をおススメするとすれば、この一杯で。

ビジュアル的にスープが透明だと、化調が強いのであまりススメません。

あじ●△に代表されますが。。でも、ここは化調は最小限。

やややわらかく茹で上げた麺が、コクのあるスープを拾ってくれます。

次は、前回も登場した、まんまるてい

Img2013010100309 Turumiso Turusio

しょう油、味噌、塩とどれも甲乙つけがたい。でもしょう油がこの店らしいかな。

自家製麺です。つけ麺もいいです。

と、まんまるていと同様に佐野実フォロワーの、ロックンロールワンです。

Rock(マルハンでの企画)

ここは、東京の町田市の名店であり、函館の店ではないです。

マルハンの企画で味わうことが出来ました。

ここの店主が来ていたわけではないです。

若干、ヌルかったのですが、本店で食べると相当だなと感じさせてくれました。

次は、超人

Choujin_2

函館市(といっても隣街の北斗市ですが)のニューウェーブの先駆け。

無化調をウリにラー通を唸らせました。

今は常連さんがほとんどのようです。インパクトよりも完成度で挑んできます。

で、超人のマスターのYさんの別プロデュース店の、えん楽

Hakodateshi2012082600092_3

がごめ昆布つけ麺です。地元では数年前から、健康にイイとい静かなるブームに

なっている、がこめ昆布を練り込んだ麺を香ばしいです。

企画物っぽいですが、意外とハマり、数回いただきました。

次は、地元にファンが多い、湯の川のバスラーメン

Yunokawa_bus_5

地元の昆布がかなり効いていて、脂分が多いにも関わ

らず、マイルドにいただけます。

次は担担麺。中華の帳家口(チョウカコウ)

Img2012122300295_7

エビ出汁が辛さをほどよく緩和、カシューナッツの使い方も巧っ!

個人的には、函館の担担麺でNO1!

次は、自分の思い入れイチバン店のエビス軒

Img2012121500284 Ebisumisocha どちらも味噌チャーシュー

函館食べログラーメン部門1位、ミシュランにも紹介され、いつの間にか、

地元のマニアが集う店から、観光客でにぎわう店に。

ここの大将ももうすぐ70歳でカウントダウンがもうすぐ。

ココロして食してます。

次はその食べログランキング 北斗市1位の大勝軒

Daishouken_2

魚介系が苦手な人って信じられないです。そんな人はここて食べてみてください。

あ、にぼしといえば、東京の、たけちゃんにぼしラーメンが印象深いな。

次は、つるつる亭

Img2013011400362_6 Turutai_3

ここは、期間限定ラーメンやってます。

地元のマニア層では、ここをイチオシする人も珍しくありません。

僕も定期的に通ってます。

と、前回とダブる店もありますが、そんだけ旨いってことです。

では、また気がむいたら。。。noodle










|

« 大蓮と糸末 札幌の味噌ラーメン店 | トップページ | ナンバーズ予想 3月13日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094863/50710974

この記事へのトラックバック一覧です: 函館のラーメン その2:

« 大蓮と糸末 札幌の味噌ラーメン店 | トップページ | ナンバーズ予想 3月13日 »