2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 550回 ロト6予想 | トップページ | 499回 mini toto予想 »

2011年4月27日 (水)

英国王のスピーチ

コンプレックスを抱えているヒトが、

シャイでいて、内向的であれば社会生活上「損をしますよ」と諭される。

でも、根拠のない自信でふるまっているヒトは、正直好きになれない。

主人公のジョージが冒頭の演説シーンで、どもりのため、とぎれとぎれになり、

大勢の聴衆に、冷やかな視線を浴びせられるシーンには、

正直に言って、ジブンに置き換えていた。

そこから映画が終わるまでの2時間、王の一挙手一投足に釘付けとなっていた。

献身的な妻の優しさと聡明さ、セラピストのユーモアと熱意、兄との確執、、

と様々な人間模様が彩られている。

内気と思われながらも、決して逃げない王ジョージを知らずの内に拳を握り応援していた。

最後のシーンは、まるでジブンがスピーチするこかの如くの心臓がバクバク。

主人公がコンプレックスを克服して成長する姿に、

何故か、ジブンも大きくなれた気がしました。

映画の内容もさることながら、

使われている英語は、1930年代ということからなのか、

正統的なブリティッシュ・イングリッシュのようですね。

最後のスピーチシーンは、活字化させて、英語の教材にしたいと思いました。

とにかく、アカデミー賞になってアタリマエな作品ですね。

« 550回 ロト6予想 | トップページ | 499回 mini toto予想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国王のスピーチ:

« 550回 ロト6予想 | トップページ | 499回 mini toto予想 »