« 515回 ロト6予想 | トップページ | 「ザ・コーブ」 ルイ・シホヨス監督 »

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 岩崎夏海著

Moshidora_512 「顧客が価値ありとし、必要とし、求めているものからスタートしたいのです。」

これは女子高生マネージャーみなみの希望であり、キャプテン正義の願望。

ジブンがこの本に求めたコトは、会計であれば「なぜベンツは.....」のような入門版であり、漫画日本史のように敬遠したくなるような難解な書物の入門版としてでした。

読み進むにつれ、みなみのひたむきの中にも時折見せる聡明さに感情移入。

ヒト(部下、社員)をどう動かすかは、企業、管理職にとっての永遠のテーマ。

アメとムチ、恐怖政権(報復人事や降格、減給)と大体こんなところでしょうか。

イチバン大事なことは「やらされる」のではなく「やる」こと。

使命感、達成感をどのように感じとらせることができるのか。

そしてなによりも大事なことは、それを実践することによって自らも成長できるのか。

マネージャーのみなみ、病で入院生活のみなみの親友 宮田、

知識が豊富ながらも肝心なコトに鈍感だったりするとこがリアルに身近にいそうな

加地監督。

通常のビジネス本のように成功者が自らの努力自慢をするようなことはなく、ドラマ スクールウォーズのように熱いながらもごまかさずに一歩一歩歩いてきた、程高野球部。

この本はボクが必要と感じていた本でした。

アタマの中に浮かんだことは出来るだけ実践してこうと思いました。

|

« 515回 ロト6予想 | トップページ | 「ザ・コーブ」 ルイ・シホヨス監督 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094863/36875556

この記事へのトラックバック一覧です: もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 岩崎夏海著:

« 515回 ロト6予想 | トップページ | 「ザ・コーブ」 ルイ・シホヨス監督 »