« ナンバーズ4予想 10月2週目 | トップページ | 第466回 ロト6予想 »

新・資本論 僕はお金の正体がわかった  堀江貴文著

Horiebon 特に、堀江信者でも、アンチホリエモンでも無い、僕ですが、その大仰なタイトルにも惹かれ購入。

06年の1月に証券取引法で逮捕された、堀江氏が語る、独自のマネー哲学。

ブックレビューを見ると、大半が批判的な内容。

それでも、僕てきには、うんうんと頷くところも、多々ありました。

・年収300万円に人が年に50万貯めても意味が無い

→まるで、自分に当てはまるようなチャプターです。堀江氏の感覚では、意味が無いかもしれませんが、自称 準ワーキングプアの僕にとっては、意味があります。 中古外車のメンテや修理費用、友人や知人の冠婚葬祭費用、交際費、、、そうそう金利の掛かるローンも組めません。

・中途半端な投資より起業

→結構、勇気や希望をいただいた章です。起業を夢見ている僕。

札幌の南3西8あたり、ちょうど、狸小路のはずれあたりで、古着屋や雑貨店などの出店。吉祥寺のヴィレッジバンガードや代官山のハリウッドランチマーケットの様な、洋品店もいいかな......

堀江氏は、「たとえ失敗してもおかしなところから、お金を借りてしまったということでなければ、命を取り上げられるわけでは無い」と、氏に似合わず(?)根性論的なことを語っております。

同書で、氏は、生命保険、ギャンブル、住宅ローンなどについて書いております。

この本を読む上で、最低限に必要なことは、ある程度の経済、経営、株の知識を持ってなければいけないと思います。

レビューでは、批判的な内容も目立つ同書ですが、僕的には、そっと背中を押された気がします。

|

« ナンバーズ4予想 10月2週目 | トップページ | 第466回 ロト6予想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

背中を押してくれた相手が誰であろうといいんです(笑)
頑張って下さいねーー!!

投稿: 洋梨 | 2009年10月 8日 (木) 12時14分

洋梨さん、こんばんわ。
この本を読むと、堀江氏が、なぜ、ある層から支持を受け、ある層からは、アレルギーを起こされるかが、わかるような気がしてきます。
でも、氏の前向きな気持ちは否定できません。
僕も前向きでありたいと思います。

投稿: 在函館少年 | 2009年10月 8日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094863/31681669

この記事へのトラックバック一覧です: 新・資本論 僕はお金の正体がわかった  堀江貴文著:

« ナンバーズ4予想 10月2週目 | トップページ | 第466回 ロト6予想 »