« ナンバーズ4予想 7月6日から10日開催分 | トップページ | 第453回 ロト6予想 »

椎名林檎 『三文ゴシップ』

Sanmon 椎名林檎に対しての抵抗感が、薄れたのは、いつ頃からだろうか。

当初は、曲タイトル、PV、九州育ちながら、東京をイメージしたリリック、戸川純っぽいヴォーカル。(注 戸川純やヤプーズは好きです。)

と、どの楽曲やアルバムとも、真剣に向き合うこともなくって感じでした。

そんな、中、数年前に、甲斐よしひろが、カバーアルバム「10ストーリーズ」にて『歌舞伎町の女王』をカバー。甲斐さんのハスキーな男くさいVOとその、特徴のあるリリックがはまり、ちょっと林檎に興味が。ヴレッジバンガードで買った、インディーズのカバーアルバム集 Lumiere 『diary フツウの一日』にて収録の『ここでキスして』は、hanaのクールヴォイスとのミスマッチは絶妙でした。

リリックに漢字が多いですが、アジカン好きの僕にとっては、スーっと入っていきそう。

東京事変第一期メンバーにはペズのヒイズミマサユ機が参加。ペズ好きの僕にとっては、ちょっと聞いてみようって気になります。

ブックオフで、林檎の『無罪モラトリアム』 『勝訴ストリップ』 『加爾基 精液 栗ノ花』を購入。『無罪~』収録の、「同じ夜」でのリリックは、今後の自分の表現者としての姿勢を示しているようでした。

先日、NHKの「SONGS」にて、次のようなことを語っておりました。

「(世の中の)女の子の考えていることに大きな差は無い 自分の曲は、そのなかでどの部分を取り上げるか」であると。

そういえば、先日、再結成されたユニコーンの民生が、「バンドだからといって、ソロだからといって、スタンスは変えない」と言ってました。

林檎にとっては、ソロ、東京事変、兄とのコラボなどをどういうスタンスでいるのか、聞いてみたいです。

今作の『三文ゴシップ』は、最高傑作なのでは、ないでしょうか。予備知識を持たずに聴いてのですが、1曲目から、ライムスターのマミーDが参加して! それが林檎のVOとも溶け込み快作です。

全体的にも東京事変『大人』に通ずる、ジャジーな雰囲気。「二人ぼっち時間」はみんなのうたへ提供された楽曲。キュートでレトロ調な曲は、ショートフィルムでも撮ってみたい気分に。(そんな特技は、ないですが....)

「ありあまる富」が、収録されていないのも、1枚を通してみると調和の部分で、納得です。

林檎の魅力として、以前、木村カエラが、「雰囲気、声、言葉、自分の世界感をすべて表現していること その人にしか使えない言葉を持っている」と語っておりました。

僕的に、林檎の魅力のひとつは、日本語の丁寧さ、韻だと感じております。独特の世界観と言われますが、リズム感や、エピソードとしての流れなど、単語に惑わされがちですが、丁寧で分かりやすいリリックだと感じております。

林檎の次に、注目です。

|

« ナンバーズ4予想 7月6日から10日開催分 | トップページ | 第453回 ロト6予想 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094863/30435195

この記事へのトラックバック一覧です: 椎名林檎 『三文ゴシップ』:

» 三文ゴシップ ~ 椎名林檎 [江真亜乃/音楽館]
三文ゴシップ椎名林檎価格:¥ 3,059 (Music)(参考価格:¥ 3,05... [続きを読む]

受信: 2009年7月29日 (水) 10時11分

« ナンバーズ4予想 7月6日から10日開催分 | トップページ | 第453回 ロト6予想 »