« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

ミッキーローク主演 『レスラー』

ミッキー・ロークといえば、僕が10代の頃の憧れのスターでした。

『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』でのジョン・ローンとの対決は、ジョン・ウー監督作品 『男たちの挽歌』とともに、男の在り方、凄味、冷徹さ、刹那感を学びました。

『エンゼルハート』での孤独感、『ランブルフィッシュ』での重厚な演技、『ナインハーフ』での艶のある演技。

当時、CMに出ていた、サントリーのリザーブを飲み、部屋にもポスターを貼ってました。

その後、両国国技館で、プロボクサーとして登場。「猫招きパンチ」には、憧れの気持ちが、一気に薄らいだ感も。

そんな、ロークが、『レスラー』という映画で、アカデミー賞にノミネートされたと聞き、公開を首を長くして待っておりました。

プロレスファンでもあった僕にとって、「観たい」モチベーションはMAXに。

ミッキー演じるランディ"ザ・ラム"ロビンソンは、全盛期にはマジソン・スクエア・ガーデンを満席にしたほどの人気レスラーながら、晩年は、ステロイド後遺症、平日はスーパーマーケットでのパート、住まいはトレーラーハウス、そして週末に場末のリングでレスラーに。

ここ、数年、表舞台から遠ざかっていたローク本人とイメージがダブりそうです。自己破滅型の人生をリアルに演じているようです。

自分も、ロークのファンであった10代の頃と、今の自分の置かれている状況を知らずのうちに当てはめてしまい、スクリーンのロークが、涙すれば、自分も泣き、映画ながら、リングで、相手の技を受ければ、痛みが伝わりと重ねておりました。

と同時に、やつれた印象と同時に、10代の頃に憧れた、脆さと凛としたロークが戻っておりました。

ストリッパーのキャシディとの一線を越えられない愛。音信普通の娘 ステファニーとの再開。アメリカプロレス界のギミック、アングル、等、ロークのことを知らない世代にも是非、見て欲しい映画です。

ブルース・スプリングスティーンの主題歌にも胸を打たれます。

プロレスしか無い、ランディと役者しか無い、ロークは恐ろしいほど重なります。

僕も、自分のやりたいことをやろうかなって思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナンバーズ4予想 6月29日から7月3日開催分

N4july1 先週の当選数字は、24日に 1999 25日に 7775が登場。トリプル2連続でした。6月22日の当選数字は、0622 と日付型。独自の方法で予想している人よりも、記念日や誕生日で継続買いしている人が、笑ったのではないでしょうか?

来週は、バラとゾロ目を、バランス良く予想しました。ゾロ目は 00 軸数字は 19 に勢いを感じます。

(予想表はクリックで拡大します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第451回(6月25日抽選)ロト6予想

ここ数回の抽選は、集中と空洞が目立つ当選数字の分布で難解です。こんな、時は、大穴狙い(高配当狙いで)、やはり集中&空洞型でいきたいですが、今回は、比較的、均等型で予想しました。

まずは、専門家の予想を見てゆきましょう。東スポ 横山タダシ氏は、9・29・36を本命に挙げ、やはり集中分布とみております。

日刊ゲンダイの神田弘一氏は、本命 32 対抗 5・9・23・41・42 大穴 21・22 を推奨。32は3連続出現で、4回目に期待とのことです。

FLASH予想ですが、北海道では、便が遅れているらしく、紹介できません。

脱力予想は、一口目 2・23・25・32・42・43 二口目 6・8・25・34・36・41 三口目 6・7・11・25・38・39 で予想です。

ボーナスに期待できない僕にとって、ロトに期待です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナンバーズ4予想 6月22日から26日開催分

N4j4 先週の当選数字は、月から金までバラナンバーでした。それも、ナンバーズ3もバラ。今週も僕の予想は、先週に引き続き、バラがメイン。軸数字も 7・0・9 の奇数のパワーを感じます。今週は、木村カエラ、椎名林檎、パフュームの新譜も7月にリリースです。ナンバーズで小遣いを稼がなくちゃだわpouch (予想表はクリックで拡大します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

450回 ロト6予想

dollar先週の当選数字は 19・20・21・23・27・32・34 ボ24 と1から18までと34以降が空洞と、中域集中の波乱決着。ここ最近の、傾向としては、集中傾向にあるようです。

さて、この難解な流れのロトですが、プロの予想陣をみてゆきましょう。

写真週刊誌FLASHの佐々木聖一氏は 18・19・20・25・39 を推奨。前回の当選に近い数字分布で予想です。

同じく、FLASHの西村彰史氏は 4・11・26・28・37 を推奨。前回の空洞を重視しているようです。

東スポ ロト研究家の横山タダシ氏は 7・12・38 を本命に。現在主流の集中と空洞を兼ね備えた目がでると予想しております。

日刊ゲンダイ ミニロト6研究会 神田弘一氏は 本命 23 対抗 7・16・20・21・22・42 大穴 9 3連続出現の23は今回も出ると予想。

脱力予想は 前回も空洞重視の 1・19・20・25・34・41  後半重視の 9・17・24・32・33・38 3口目は 大穴狙いで 19・27・31・32・33・34 です。

ボーナス代わりになってくれdollar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「小説の書き方」 実践編 森村誠一著

Shousetsukakikata昨年の暮れに、来年は、「小説を書く」という目標を掲げました。

それも、忙しいという、エクスキュースで、実現せず。

確かに、時間は少ないのですが、それよりも、どう切り出していいのか、どう、構成してゆくのか。起承転結は、最初から具体化しておくのか?等と、考えていくうちに、実行せず。

自分の頭の中には、ハタチの女の子が主人公の、あるていどのストーリーが出来ているのですが、、、

今回、紹介する 「小説の書き方」は実践編と総論の2冊同時発売。先ほど、実戦編を読み終えたところです。

実践編は

第一章 アイディアと構成 第二章 書き始めと結末 第三章 プロットの立て方 第四章

文章論-言葉の6大機能 第5章 文体論 第6章 実作のサンプル

と、これは、小説のみならず、ビジネスの企画書やブログを書く上でも、参考になる内容です。

面白い文章というと、オリジナリティが溢れる表現力があるようなイメージが、ありますが、森村氏のこの一冊を読んでみて、推敲(添削・修正・補筆を含む)、時制(時系列)、前段との整合、重複語、など国語的な能力や、また、人生経験から、滲み出るコトバが、反映されていると説いております。

これは、私が最も愛する作家 村上龍氏や今作の森村氏にも共通すると思われるのですが、好奇心ってとても大事かと思います。何事も、取り入れようとするキモチが、そこから吸収した知識や感動を人に伝えたくて、自然と、ペンが動くのが、イイ文かなって、思ったりもします。

次は、総論を読んでみます。

僕が、書くのはその後かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナンバーズ4予想 6月15~19日開催分

N4j3 軸数字は、3 7 8 になるとみました。バラナンバーとゾロメは、同じ位の頻度で予想しております。(予想表はクリックで拡大)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第449回 ロト6予想

3億4276万円のキャリーが発生で、モチベーションも上がります。

それでは、専門家の予想を見てみましょう。東スポ 横山タダシ氏は 5・12・21 を推奨。波乱決着と読んでいるとのこと。前回の空洞である、前半部を厚めに予想です。

日刊ゲンダイ 神田弘一氏は、 本命 13・42  対抗  35・36・37・38・39  大穴 23 42は、年初の4億円2連チャンの時に出現。今回も出ると予想。

週刊誌FLASHは、「ロト霊能師」 大谷顕彰氏が登場。推奨数字は1・8・13・17・20・22・26・29・31・38・43 独自の乱数表を駆使した予想は、興味深いです。フラッシュ最新号でチェックを。

西村彰史氏は 8・16・18・21・40 を推奨。特に、16と18が狙い目とのこと。

佐々木聖一氏は 6・31・32・40・41 を推奨。40が西村氏の予想と一致してます。

ワタクシの予想は、

① 7・10・11・26・30・43

② 4・14・16・17・35・38

③ 3・15・20・23・36・37

④ 9・20・26・28・35・36

⑤ 4・7・13・28・42・43

と軸数字を特に決めずに、やや波乱気味な、配置で勝負しました。

4億円は、出るのか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナンバーズ4予想 6月第2週目

J2n4 先週の4日(木)の当選数字は、3854でした。私毎で恐縮ながら、苗字が、みやこしといい、それもあって、以前、予想数字以外に購入していました。こういう、ゴロ合わせや、誕生日などが当選数字で出ると、「買っとけばな」て思うことも。

と、他愛もない前振りですみません。今週は、ゾロメ中心で攻めました。8を軸に予想です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第448回 ロト6予想

最近の傾向として、ご無沙汰数字が活躍しております。こうなると、やはり、ご無沙汰数字を軸に据えた予想で行きたくなります。

東スポの横山タダシ氏は 4・14・31を本命に、前半中心に攻めております。

日刊ゲンダイの神田弘一氏は 本命に 11・25・39 対抗に 26・33・35・38 大穴 を推奨。神田氏によると、前回の抽選で『42・43』の最大アベック数字が出現したが、過去に同ケースは7回あるとのこと。その7回の次の抽選で、11と39が3回も登場したとのこと。説得力がありますね。

写真週刊誌FLASHの佐々木聖一氏は 17・31・36・39・41 を推奨。西村彰史氏は8・10・18・21・35 を推奨。

いつものことですが、4者4様です。これが、競馬やtotoと違う、ロトやナンバーズの難しさであり、面白さでもあります。

ワタクシの予想は 4・5・12・16・21・23 のミニロト型波乱型と 3・7・27・34・38・42 の後半重視型です。

笑うのは誰だっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月第1週目 ナンバーズ予想

N4j1  6月1日から5日開催分の予想です。今週は 1・5・9 が席巻しそうな気配です。圧倒的に奇数が活躍するとみました。10通りに絞ってます。いつもより、ちょっと期待です。(予想はクリックで拡大します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »