2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

チャットモンチー 『生命力』

Seimeiryoku ここ数年に出現したバンドではアジカン以来にハマっます。今月、3rd アルバム『告白』を聴かせてもらいましたが、やや遠まわしな表現がかえって現実感を感じさせるリリック。特に『ラストラストラブレター』の「涙は他人に見られて初めて輝きだすの   あなたはひとに愛されて初めてあなたになるの あなたはひとを好きになって何度もあなたになるの です」って、ハシリエのVOで熱く唄われると魂まで洗われそうです。

そんなんで、2007年10月に発表された『生命力』をamazonにて購入しました。20代女性の日常をリアルに描いているようです。それもオルタナっぽくもあるサウンドとハシエリのVOがモンチーの世界感を演出しております。13曲、捨て曲なし。

そして、モンチー好きな人なら、奥田民夫カバーズでモンチーが『息子』をカバーしておりますが、民生ヴァージョンとは違った色に仕上がっております、絶対に聴いてください。

2009年3月29日 (日)

ナンバーズ4当選予想 3月30日~4月3日開催分

N4m5 先週の当選数字は 8887・6941・4776・3709・3669 と久々のトリプル出現。7ダブルと6ダブル、バラ数字2回と傾向が掴みにくい週でありました。今週は軸数字は 0・5・9 とみました。ダブルナンバーも 33・00が予想データと一致しました。いずれにせよ、当選金額が高めの数字配列になりそうな気がしています。(予想表はクリックで拡大します。)

2009年3月26日 (木)

『I ♥UNICORN.FAN BEST』 ユニコーンのベスト

Yubest 2009年の電撃始動に伴いオフィシャルサイトで募った「思い出の曲ランキング」。、人気曲をリマスタリングしてコンパイルしたベスト盤の 『I♥UNICORN FAN BEST』。ベスト盤といえば、そのアーティストへの入門編的な意味合いもありますが、今回作品は、ユニコーンのアルバムをすべて所持している人でも‘買い’なのではないでしょうか。高音質のブルースペックCDでイイ音ですし、何よりも曲順が絶妙です。「ヒゲとボイン」から始まり「働く男」への繋がりは若いサラリーマンのトラジコミカル加減がリアルに生々しくも爽快。5曲目の『ペケペケ』から6曲目、アイドル時代(?)の『Maybe Blue』での躍動感。最後は代表曲ともいえる『すばらしい日々』で終わります。彼らの楽曲の良さ、モノづくりのセンスをこのベストから感じられます。そして何よりも8曲の部でビデオクリップが入ったDVD付きです。今の10代の音楽好き達に聴いて欲しいなって感じです。しかし民生ってイイ年齢の重ね方をしてますね。一度、ガキの使いのバス釣りの映像を時系列で見てみたいデス。

2009年3月25日 (水)

438回 ロト6予想

WBC優勝監督の原さんのロト6にまつわるエピソードをひとつ紹介します。原さんが巨人軍の監督に就任した年のこと。ご存じの通り、初就任にして日本一に。その時、原さんはロト6を毎回15万円分ほど購入していたとか。なんでも、原さんはロト6でツキを落として、野球の試合でツキを掴むためだったとか。原さんはある意味、ミスターよりもいろんな意味でスゴイ人ですね。

さて、今週もプロの予想陣の予想を見てゆきましょう。まずは東スポ 横山タダシ氏から 4・26・40を本命に。前回の空洞部分 23~43までの19コマの数字に注目しているそうです。

日刊ゲンダイ 神田弘一氏は 本命に 7・10・14・15 対抗 11・35・39 大穴 31 とごぶさた数字が一斉に出現するとみております。

さて、今やギャンブル雑誌としても認知されつつある週刊誌FLASHです。まずは、佐々木聖一氏のは ・8・31・36・39 西村彰史氏は 1・10・28・36・42 をそれぞれ推奨です。

そして特別参戦の大谷顕彰氏は 1・3・・17・18・21・23・31・33・36 を推奨。K埼さんはダウジング(!)で予想 1・3・7・12・17・22・26・36・37・43 を推奨。36が強力数字ですね。Wさんは ・9・12・19・24・26・29・33・35・39を推奨です。も注目すべきですね。

そして脱力少年予想ですが

1口目 1・2・10・12・24・41

2口目 2・6・15・24・29・33

3口目 6・15・16・33・35・36

あなたは誰を信じますか?  

2009年3月22日 (日)

ナンバーズ4予想 3月23日から27日開催分

N4m4_4 先週の当選数字は順に、401・2・5429・3561・8451 と月、火は奇数のゾロメが出現。水、木、金は5が含まれるバラナンバーでした。今週も奇数のゾロメが僕の過去データからはじき出されました。(予想表はクリックで拡大します。)

先週の水曜抽選では、ボックスながらこのコーナーの予想が当たっていたにも関わらず、その番号を購入していませんでした。基本的に1回の抽選で1口から3口の購入なもので....予想の精度を上げて、もっと多く購入しなくちゃですね。

2009年3月21日 (土)

ジュビロ磐田復興計画 377回 mini toto予想

Iwataurawa Kyotoganba 自他ともに認めるジュビロサポの僕にとって昨年から今シーズンにとって、とってもつらいです。会う人毎に『ジュビロって何であんなに弱くなったの?』って聞かれます。現在もJ1最下位、2試合で10失点........

そんなわけで、僕もジュビロに言いたいことを言わせてもらいます。

まず、功労者への思いやりが足りない気がします。昨年は名波が引退、セレモニーでゴンと涙で抱きあうシーンは感動的でした。

とはいえ、同時期にチームを去った、田中誠(現在はアビスパ福岡)へは、表だって何もしてないのでは、ジュビロ一筋15年、ジーコジャパンでも渋い活躍をした名DFです。ヴァンズワム、服部、福西、藤田らももっと尊重すべきだと思います。

さて、そのジュビロですが、今節は浦和戦です。

磐田の勝ちにしたいですが、さすがにってことで浦和勝ちと2本、予想です。

今節の注目カードは鹿島-広島戦です。2008年のゼロックスカップではPK戦から広島の勝利。サンフレッチェのイレブンに気遅れはないでしょう。佐藤寿人のゴールが勝負を決めるでしょう。

J2 愛媛-岐阜はイメージが湧かないのでホームの勝ちに。

とにかく、ジュビロの勝ちを願うのみです。

2009年3月18日 (水)

ナンバーズ4 ボックス当選しました。

3月18日開催のナンバーズ4予想(記事はこちらへ)にてボックスが当選です。当選数字 5429に対して予想数字5924。なお、今回は僕の予想師匠である週刊誌FLASHの達人遠藤さんも4592と予想。なお、達人は昨日の抽選でもボックスと2日連続当選です。さすがです。FLASHってグラビアだけの雑誌ではないっすね。

この勢いで明日のロト6にも期待しております。なお、最後に一言いわせてください。僕の予想は当たりましたが、抽選券は買ってませんでした

437回ロト6予想

ロト6などの予想は、大きく分けて、データ派と直観派に別れるそうですが、先週はデータ派予想陣が苦戦した抽選回のようでした。(先週の当選数字 4・12・21・22・27・38 ボ31)まずはバリバリのデータ派予想 週刊誌FLASHの西村氏の予想を見て行きます。5・16・20・23・25を推奨。西村氏曰く、「前回のように荒れた抽選があれば、データが生きる結果に戻る。」とコメント。同じくFLASH 佐々木氏は 3・15・37・39・41 を推奨。後半域を軸にしております。東スポ 横山タダシ氏は 5・7・37 を本命に。前回の配当金は1等、6839万と低めのため、今回は配当的反動に期待したとのこと。日刊ゲンダイの神田弘一氏は 本命に7・10・14・15 対抗 11・35・39 大穴 31 を推奨。「ごぶさた数字」を中心に予想です。

さて、脱力予想ですが、1口目 3・6・13・39・40・43 2口目 10・15・17・22・25・27 3口目 10・11・19・23・30・34 3口とも、やや偏った大穴狙い的な予想になりました。

2009年3月14日 (土)

ナンバーズ4予想 3月16日から20日開催分

N4m3 今週の当選数字は 7・3865・6685・9910・0758 とゾロメが3回出現、8・5が含まれているのが3回となにかしらの特徴がある出目でした。来週は8のゾロメと4・7が含まれるバラナンバーが強力数字と予想しました。(予想表はクリックで拡大します。)

2009年3月13日 (金)

376回 mini toto予想

Mini376a Mini376b 今回の予想は基本的にオッズ通りに予想しました。が、ジュビロサポの僕はガンバで予想するのをためらい、トリプルで購入です。

序盤戦は、欠場選手も少なく、波乱が少ないと思います。

それでも、アジアCLの予選で大敗した鹿島ですが、もし波乱が起こるとすれば、ここでしょうか。

「モデル失格」 押切もえ著

Moderusikkaku 特にもえちゃんファンというわけでは無いのですが、書店で見て、「絶対タメになるオーラ」を放っているようで、ためらわずに購入しました。それまでのもえちゃんへの印象といえば、EX系雑誌でのコギャルメイク時代のキャピってる印象とNHKの「英語でしゃべらナイト」でのひたむきな女性って2つのイメージがありました。

「モデル失格」は太宰の「人間失格」から拝借したタイトル。もえちゃんは最初、欠陥だらけであった自分が、数々の挫折から立ち直り、前向きなアティテュウド(姿勢)を心がけることによって、幸せを手に入れることが出来るとこの本で、語っております。

コギャル時代、日雇いバイト時代、学生時代の恋愛・失恋、人見知りな性格の克服、コンプレックスへの対処、エビちゃんのこと、ダイエット.....包み隠さず、書いております。

本当に努力家なんだって感じました。正直言うと、僕も昨年、自分の職場が閉鎖され、今はまったくといっていいほど、自分のキャラと合わない職場におります。それでも、苦手な事をマスターしたとき、お客様に喜んでもらったときに、「この仕事も悪くないナ」って最近思えるようになってきております。そんな今、この本は今のジブンの背中をそっと押してくれている感じがしました。

ビジネス的な本って、ためになる反面、なんか、著者の上から目線的なことを感じて素直に実行しずらい、へそ曲がりの僕ですが、このもえ本は、心にスーっと入っていくようでした。

2009年3月12日 (木)

436回 ロト6予想

435回ロト6に於いて、写真週刊誌FLASHのミスターXこと佐々木聖市氏が3等当選の快挙!FLASH予想といえば、9日(月)のナンバーズ4予想で達人遠藤さんが何と、ストレートを当選させるなど、絶好調雑誌です。矢吹春奈のグラビアも絶好調です

さて、その佐々木氏の予想ですが、10・11・17・18・31を推奨。ゲイル理論の西村氏は 1・7・18・20・23を推奨。そして、先週5等を2本当選させたM女史は10通りの予想を公開しております。詳しくはFLASHを買ってください。

最近は不調気味ながら、僕的に信頼できるロト予想をする東スポ 横山タダシ氏は 3・16・24を本命に。直近1か月の好調数字を軸に据えております。

日刊ゲンダイ  神田弘一氏は 本命 5 対抗 3・7・26・34・36・43 大穴 12 と予想。

さて、脱力少年予想デス。

1口目 3・12・28・33・37・43 2口目 1・2・9・21・23・39 3口目 1・5・25・28・37・42

と予想。1桁台の動きが気になりました。好調佐々木氏の推奨が一個も入らず、ちょっと心配ですが、このままイキマス。

2009年3月10日 (火)

坂本龍一 OUT OF NOISE (アウトオブノイズ)

Outofnoise 坂本龍一教授の新作 アウトオブノイズを聴きながら、記事を書いてます。今回の作品は教授ファンのためのアルバムといったスタンスと感じました。前作のキャズムでは、小山田圭吾や韓国のラッパーなどが参加するなど、結構ポップな仕上がり。今作品は「音楽図鑑」や「BTTB」のような、モノトーンながらもそこから色彩が感じられるような浮遊感があります。大ヒットした『ウラBTTB』に収録されている、「エナジーフロー」は癒しソングとして認知されておりましたが、今回はヒーリング、いや、安らぎ、平穏といった展開です。仕事でズタズタになった躰(からだ)と心を潤してくれるアルバムです。

(以下、僕の過去ログから抜粋)

Sakamoto1 坂本教授の思い出といえば、今から10年ほど前に、札幌厚生年金会館でのライブでの出来事。MCの途中に女性ファンがトークの内容に関係のない質問、『どうして髪を染めたんですか?』と。それに対し教授は『今、その話じゃないんだけどなー』と言い、その後、しばし無言、その後『なんかヘンな気分だ』と言ってステージから引き上げてしまいました。戻ってくるまでの数分間は微妙な空気に。当時の教授はダウンタウンの『ごっつええ感じ』でアホアホマンでコントをこなすなど、フレンドリーな側面も見せておりましたが、デリケートさではユキヒロに負けてませんでした。あ、教授とダウンタウンといえば、なんといってもゲイシャガールズです。ゲイシャガールズのアルバムに収められている『炎のミーティング』という曲は坂本の最高傑作との声もあるヒップな曲です。あの頃が懐かしです。(画像は三共製薬リゲインEB錠のテレカ)

2009年3月 9日 (月)

写真週刊誌FLASH ナンバーズ4予想コーナー 達人遠藤さん ストレート当選

Tatsujin Tousen 脱帽です。写真週刊誌FLASHの人気コーナー ナンバーズ4予想を担当する予想達人の遠藤さんが3月9日付の予想で、な、なんとストレートを当選させました。(当選数字4947)遠藤さんは僕が勝手に予想の師匠と仰いでおり、実際にお会いして、予想のアドバイスをいただいたこともあります。僕の予想も達人予想エッセンスが入っており、リーチは良くでるのですが、当選までは.....やはり、最終的な当選数字をかぎ分ける嗅覚が達人の達人たるゆえんですね。

FLASH予想といえば、3月5日開催のロト6予想で、西村氏が4等を当選させるなど、絶好調です。

なにはともあれ、達人、おめでとうございます。

チャットモンチー 『告白』

Chato チャットモンチーのイメージといえば、まずは、木村カエラがイチオシしていること。カエラ曰く、「彼女たちの歌を聴くと、子供の頃にお姫様ごっこして遊んだ時のキラキラした気分を思い出すんです。」と絶賛。昨年はカエラが自身のFM番組でヘヴィローテのperfumeがはじけましたが、さてチャットモンチーは。

そして、奥田民生カバーズへの参加。民生の代表曲ともいえる、「息子」をVOの橋本絵絵莉子があの民謡的でもあり、キュートな声で歌いあげております。

僕が10代後半のころ、インディーズブーム、バンドブーム、イカ天ブームがありました。そのころ、活躍していたゼルダ的な神秘性やゴーバンズのような弾けるポップ性が感じられます。何よりも作られた感じがせず、自然体でマイペース的なところもチャットモンチーの魅力でしょうか。

最新作の『告白』は、ガールズロックの真骨頂。リリックに登場する女の子たちは、ナイーブで、不器用ながらも、恋愛、日常へ前向きに、両足で進んでいく姿は、男の僕でも共感し、主人公の女の子に恋したくなります。

きっと、彼女たちの魅力はTVやPVよりもライブにあると思います。4月にカエラ、pefumeらとライブがあるそうな。行けたらなー

2009年3月 7日 (土)

ナンバーズ4予想 3月9日~13日開催分

N4m2 先週の予想ですが、相変わらずのリーチばっかです。今の予想をもう一捻り必要です。来週は偶数のダブル(ぞろ目)が出ると予想しました。軸数字でうが、先週は5回の内、9が4回出現。来週は4と予想です。(予想表はクリックで拡大します。)

2009年3月 6日 (金)

Jリーグ開幕 mini toto予想

Mini375a Mini375b 2009年のJリーグが明日、開幕。今年はワールドカップ最終予選があり、色々な意味で毎試合が重要です。また、J2降格も下位3チームが自動降格。選手層の薄いチームは勝ち点1を狙った戦術をどれだけ徹底させられるかもカギです。

まずは、FC東京-新潟戦です。昨年は東京が6位と健闘。新潟は途中、失速して13位。得点力不足の新潟は横浜Mから大島を獲得。矢野との連携が新潟に勝利を呼ぶでしょう。そして、磐田です。昨年は入れ替え戦出場と誰もが予想しなかった低迷。名波の引退など王国が崩壊です。今年は柳下監督のもと、再建の年です。山形には悪いですが、チンチンにしなければならないでしょう。名古屋-大分は好カード。ピクシーVSシャムスカと日本代表監督も噂された2人の対決は、FWダヴィが爆発します。ジェフ-ガンバは1-1のドローで。ゼロックスカップで仕上がりの遅れを見せたガンバは勝ちきれません。そしていきなり天皇山の鹿島-浦和ですが、ここは浦和に賭けます。高原の事故など、良くないニュースもありましたが、磐田時代の鹿島キラーぶりを発揮するでしょう。

J2では、札幌-仙台が注目カード。総合力で仙台に。

今年の優勝争いですが 本命 鹿島 対抗 ガンバ大阪 穴 浦和 大穴 名古屋 ってとこでしょうか。

2009年3月 5日 (木)

第435回 ロト6予想

2月19日開催分は当選2口で一等がキャリーもあり、3.1億円、26日開催分も当選2口で1.7億と波乱気味もロト6。今回は波乱要素が少なく、平均的な配置で予想しました。1口目は  3・5・17・20・29・33 2口目は 4・25・28・30・33・39 です。40番台は僕の予想法では、流れが来て無いとみました。さて、プロの予想陣の予想を見てゆきましょう。まずは、写真週刊誌FLASHから、今回は『女数学研究者』M女子なる刺客が参戦。10口予想しております。是非、チェックを。ミスターXは素顔で登場。やはり序列ポイント法で有名は佐々木氏でしょうか?推奨数字は 13・17・25・31・38 西村氏は 11・17・18・32・35 を推奨。ミスターX、西村氏、僕の予想で 17が共通です。東スポ 横山タダシ氏は 1・7・39を本命に。波乱が続くと予想しております。日刊ゲンダイの神田弘一氏は本命に 8・19 対抗に 5・13・24・34・36 大穴に  を推奨。過去の3月最初の週の結果から予想しております。やはり、40番台の人気が薄いです。こうなると40番台を軸に購入したくなってきます。

2009年3月 3日 (火)

bird 「MY LOVE」

Bird1 Bird2 90年代後半から2000年代前半にかけて、女性シンガー、特にR&Bやブリティッシュロックに影響を受けたシンガーを好んで聴いておりました。UAやボニーピンク、そしてbirdです。デビュー当初は、モンドグロッソの大沢伸一氏のプロデュースでデビュー。鳥の巣のようなヘアースタイル、音感、声量、マスへの迎合性など、ホンモノ感溢れるアーティストの登場にシーンは盛り上がりました。その後はアーティスト活動の他にプロデューサーでも活躍しているそうです。birdの最近の作品はカバーアルバムを2枚発表。一昨年のミニアルバム『BIRDSONG EP』はオリジナルラブやサンボマスターのカバーを豪快かつ女性らしくカバー。昨年の夏に発表された『MY LOVE』ではスマップの「セロリ」、キンキの「ジェットコースターロマンス」、松田聖子の「青い珊瑚礁』など王道歌謡曲をポップに心地よく歌いあげております。このままマニアックな存在でいるのは惜しい存在です。

2009年3月 1日 (日)

熊田曜子さんのブログ論

東スポ2月22日付にてタレントの熊田曜子さんが、独自のブログ論を語っておりました。その中で、ブロガーの僕的にも考えさせられることを述べております。以下抜粋。「ブログをしている友人とご飯を食べに行くと、『ブログ用に一緒に写真を撮りたいな』って機会が良くあります。その友達がその写真をブログでアップすると、いいコメントもあれば、ちょっと傷つくコメントもあります。ネイルサロンに行ったあと、ネイルの画像を友達がアップしたあと、『絶対に料理しない手だ』って、書かれたり....結構、傷つきました」と。

僕もこの脱力少年の他にも、グルメ系の記事を中心としたブログも管理しております。たまーにですが、「記事を見て行ってみましたが、まずかったです」的なコメントが届きます。僕個人への批難、中傷ならともかく、そのコメントによってお店に迷惑がかかってしまいます。店員の応対が悪いとか、店内が不潔だった等の意見はありかも知れませんが、味覚は十人十色です。

僕もお店で食べた料理が美味しかったってことを伝えたいって気持ちで記事を書いているのですが、そんなコメントが来るとちょっとがっかりです。

今や、小学生でもブログやミクシイをする時代です。記事を書く側としては、裏付け、正確さ、公平性を心掛けたいです。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »