« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

ナンバーズ4予想 3月第一週目予想

N4marchi1 金曜日の当選数字が2280に対し、2282と予想とストレートリーチが一つ、他にボックスリーチもありましたが、外れはハズレです。ちなみに東スポのナンバーズ予想にて金曜日の予想に2278とリーチが一つありました。やはりナンバーズにはなにかの法則があるような気がします。さて、3月2日から6日までの予想ですが、バラ数字をメインに予想しました。9・0・●●、9・1・●●、に脈を感じます。ちなみに木曜日のロト6は5等当選しました。1000円とはいえ、2口の予想で1口って悪くないですよね。少しずつ、感が冴えてきた脱力少年です。当たってくれー!(予想表はクリックで拡大します。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北尾トロ著 『男の隠れ家を持ってみた』

Otoko 当時47歳の主人公男性 北尾トロ氏が、自分を見つめなおすべく、知らない町でアパートの一室を借り、その隠れ家での日常を通して、巻き起こる騒動を揺れる気持ちで描いた、親近感が湧いてくるような一冊でした。とはいえ、

「連載はつらかった。読者が望むであろう思いがけない展開や爆笑エピソードが出てくることはまずないことが早々に分かったからである。」

とトロ氏は綴っておりますが、そもそも、普通に生きていてそんな展開ってあまりありません。それよりも、トロ氏のお隣さんとのコミュニケーション、地元の飲みやで知り合った常連さんたちとのふれあい。トロ氏の母からの電話「あんたは長生きせなあかんよ」とのやりとりにはちょっと感動。トロ氏の父は当時のトロ氏と同じ47歳で他界。また、その年、トロ氏に初めての子供が授かったのです。

冒険心、孤独感、やさしさ、不安など揺れるトロ氏の気持ちにいつしか自分を置き換えていました。

この作品の評価は、賛否両論ありますが、僕はこれはトロ氏の真骨頂と感じました。

*以前、トロさんと一緒にお仕事させていただきました。その時の記事はこちらへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラブ・タンバリンズ③

Eri 脱力少年で検索によるキーワードで上位を占める記事は『アメトーク ベッキー大好き芸人』、『ホンダ・ビート』、ナンバーズやロトとともに、『ラブ・タンバリンズ』も根強い人気があります。昨日、ブックオフにて、ラブ。タンバリンズVO ellieのソロデビューシングル『Bitches In Babylon』をブックオフで見つけ購入しました。(1996年の作品)ラブ・タンバリンズ時代より、ソウル的なVOながらもラウンジ的なアレンジでもあり、やはりかなり洋楽的であります。若干、引き気味のVOが更に、エリの存在感やウタ力を表現しているようです。そのVO.曲とともに衝撃であったのは、ジャケ写ですね。少女的な雰囲気ながら、歌詞カードの画像はノーブラにタンクトップで透けております。はじけてますね。

2006年にはgirl it's u というユニットを組んでいるそうですが、今はどんなスタンスなのでしょう。また、コーネリアスのアルバムあたりでその声を聴かせて欲しいデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニコーン 『シャンブル』

Tamioyousui ユニコーンの『シャンブル』がオリコンアルバムチャート1位獲得だそうです。僕も10回以上、聴かせていただきました。バンド、インディーズブーム時に多感な10代であった僕ですが、当時、聴いていたのは、ナゴムレコード系、遠藤ミチロウ、ウィラードなど雑誌の宝島やフールズメイト、DOLLに登場するアーティスト。そんなわけでユニコーンは当時、アイドル的なこともあり、興味の対象外でした。が、昨年のこと、運転中にFMで流れていた民生の『息子』をじっくり聴いて、そのリリックに衝撃を受けました。その後、ブックオフで中古の民生やユニコーンのアルバムを買いまくりました。そして、今年に再結成です。

民生VOの曲が多く、民生の昨年発表したアルバム『Fantasutic OT9』彷彿させられます。がラストに収録の阿倍義晴作詞作曲 VO民生の「HELLO」等は現在のユニコーンが揃ったからこその壮大な曲であると思います。

個人的にはユニコーンがファーストアルバムを出したころのようなアイドル的な部分を敢えて、オッサンになった今、見せて欲しかったです。ライブで「メイビーブルー」をやるのカナ?

民生といえば、井上陽水との共同作業やスカパラとのコラボ「美しく燃える森」のVOなど、どんなジャンルでも自分の色をそのコンセプトに合わせてきます。次はどんなサプライズを見せてくれるのでしょう。楽しみですね。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

第434回 ロト6予想

この脱力予想では、毎回、東スポ、日刊ゲンダイ、FLASHの予想陣の予想を紹介しておりますが、滅多に当選は出ませんね。これは、決して批判でなく、プロの予想でも5等以上は難しいって感じがします。数学的な確率論よりも直観的なものが大事な気もしてます。女性の予想も見てみたいです。さて、まずは東スポの横山タダシ氏ですが、本命に 4・15・38 と今年、未発生数字を挙げております。日刊ゲンダイの神田弘一氏は 本命に 24 対抗に 8・10・17・20・32・35 大穴に 42 を推奨。今年のラッキー数字の42外せないとのこと。FLASHのミスターXは 4・11・15・20・39を推奨。西村氏は 5・10・17・18・35 を推奨。FLASH最新号では2人のコラボ予想を公開しております。是非、チェックを。さて、脱力予想ですが、一口目は 3・12・25・33・41・43 二口目は 7・12・18・19・28・32 です。12が本命と予想しました。さて結果は......

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ほんわか!」北尾トロ著

Honwaka 北尾さんは、実験的、冒険的、ドライ&ウォーム、脱力感という形容が似合う作家さんだと思います。「ほんわか!」は本にまつわる疑問を実際に体験取材を通して調査したドキュメント本です。読書好き男子が合コンでモテルのか? チリ紙交換に出した本の顛末は? 官能小説のタイトルはどのように決まるのか? などトロさんやその仲間の人だからこそ着眼したテーマでしょう。北尾さんとその取材を通して、触れあう人たちもコクがあり、最後まで一気に読んでしまいました。自分も北尾さんたちと取材できたらなあと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「セザンヌ主義」展 パスキン展

Sezannu 現在、北海道立近代美術館に於いて、開催されている『セザンヌ主義』展にお邪魔しました。20世紀の前衛芸術運動を担ったピカソやゴーギャン、マティス、モディリアーニたちは、画家のポール・セザンヌの存在を、尊敬の念をこめて「近代絵画の父」と呼んだとういう伝説の巨匠。モノトーンながら、立体感、構図、主人公の姿勢、角度で表現された手法は約100年経った今でも、旧さを感じさせず、前衛性は今でも保たれているようです。気になったことは、時代背景にもよるのでしょうが、抑圧感があり、ちょっとヘヴィな気にもなって来ます。そんな、気持ちを晴れやかにしてくれたのは、同時開催のパスキン展です。ブルガリアで裕福なユダヤ人の家に生まれたパスキンの絵は、彼の私生活そのままに、色を感じます。夜ごと、友人や女性とのお祭り騒ぎを繰り広げ、そこで書かれた女性画から感じるエロチシズムはとても淫美であり、繊細であり、萩原朔太郎の詩を思いだしました。45歳で自らの人生を絶ったパスキンのアートに芸術の本質を感じたような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナンバーズ4当選数字予想 2月23日から27日開催分

N4_223 先週の当選数字は月曜に6のダブル、火曜に0のダブル、水曜に6のダブル、木曜に7のダブル、金曜はバラでしたが、5回中4回もダブルが出現。来週の予想ですが、7のダブルが木、金の抽選に出ると見てます。月、火は06●△のバラが出ると出ました。この辺でボックスのひとつでも当選が欲しいです。そろそろtotoも再開します。軍資金が必要だー。(予想表はクリックで拡大します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「自然体 自分のサッカーを貫けば、道は開ける」 遠藤保仁著

Sizentai 「コロコロPK」といえば、今やサッカーファンならずとも、浸透しているサッカーワードといえるのではないでしょうか。現日本代表MF ガンバ大阪の遠藤による自叙伝が発刊されました。「自然体」は遠藤のサッカー人生を通じてのサッカー感はもとより、人生観などを、その書籍題名通り、自然体な語り言葉で語られております。遠藤といえば、不遇のサッカー人生を送っているように思われます。フリューゲルスの消滅、2002年日韓W杯落選、2006年ドイツW杯代表選出もピッチに出られず、北京五輪オーバーエイジ選出されるも、ウイルス性肝炎のため辞退....これらの屈辱も常に他人のせいにせず、自分に何がたりないかを考えて進歩していく様子は「自然体」というタイトルに矛盾する気もします。遠藤曰く、俊輔が完璧主義ならば自分は気分屋でそれが上手くかみ合っているとも語っております。現在の代表の柱は俊輔、遠藤、中沢がキーマンであるのは疑いの無いところ。日本がW杯予選を勝ち抜けるかどうかは遠藤のパフォーマンスにかかっているといっても過言ではないでしょう。サッカーファンであれば、この本と俊輔の「察知力」を読むことをおススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロト6 第433回 2月19日抽選回予想

先週は写真週刊誌FLASHにて「ABC理論」という独自の理論で、30週連続当選男の加藤氏がロト6ファンの話題をさらった感のある抽選でしたが、結果は25口予想して当選なし。今週はリベンジとして30通り予想しております。6000円分です。5等だと6本でプラマイゼロです。加藤氏は削除数字として、3・4・5・6・14・17・24・32を選出です。同じくFLASHからゲイル理論の西村氏は 3・7・28・36・39 を推奨。直近の抽選で当選数字の無い数字から2個出ると見ております。ミスターX氏は 8・15・36・39・41 を推奨。自身のマトリックス理論を信じるそうです。さて次は好調をキープする日刊ゲンダイの神田弘一氏です。本命に21・43 対抗に 1・11・24・32・33 大穴に 42 を推奨。最近の頻出数字とご無沙汰数字を組み合わせております。東スポの横山タダシ氏は 11・27・36 を本命に。波乱の出目になりそうと予想しております。

そして脱力少年予想ですが、1口目は 10・12・13・25・37・42 2口目は 3・10・18・25・34・42 3口目は 3・11・15・19・32・38 とFLASH加藤氏の削除数字が入っております。僕の好調数字とブランク数字を組み合わせました。

高額当選するのは誰だ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナンバーズ4予想 2月16から20日開催分

N4_3 2月2週目の予想はリーチばっかでした。11日のサッカー日本代表のようにイイ形を作りながらもゴールを奪えない状況に似ておりました。2月第3週目はの予想をコレといった傾向、たとえば、トリプルが来るとか、バラナンバーが来るとか掴めませんでしたが、地道に予想をしました。ちょっと期待してます。(予想表はクリックで拡大します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グーグルページランクって③

過去2回に渡って、グーグルページランクについて記事を書きました。グーグル社独自のコンピューター解析により、サイトの重要度を0から10までランク付けするシステムです。当ブログ脱力少年ですが、昨年の9月2日に開設。最初についたランクは4と個人のブログとしては、悪くない評価でした、その後、12月に3に後退。そして、なんと現在は0です。アクセス数はランク4だった時の約4倍。記事も現在、100を超え、少しずつ、大きくなっている手ごたえを感じている今、最低の0とは......原因は分かりません。不正な仕掛けなどしてませんし、アダルトな表現や画像なども皆無。まさか、前回のグーグルランクの記事ランキングが曖昧であると書いたからなのか。このブログの訪問者は約75%がグーグルで検索しているというのに。(2位のyahooは約15%)ま、このブログは僕の趣味で、金銭的、名誉的にダメージはありませんが、企業のサイトで似たようなことがあれば、ちょっと問題です。明確な基準があればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロト6予想 第432回 2月12日予想

先週の当選数字は 1・5・19・20・35・41 ボ33 6数字の内31以下が4個とミニロトタイプに近く、1等当選金も4540万とここ最近では低めでした。僕の予想は一口目はミニロト型、2口目は、中盤重視で攻めました。 1口目 2・8・18・26・27・43 2口目 17・18・22・29・32・36 3口目はQPです。 27・28・35・36・38・42(当たればデカそうです) さて、プロの予想陣はどうか見て行きましょう。まずは、東スポ 横山タダシ氏は 5・17・22を本命に据え、順当な数字配置で予想しております。日刊ゲンダイ 神田弘一氏は 本命に 2・36 対抗に 8・18・29・34・37 大穴に 42 最近好調の神田氏だけにノッてみる価値はあるかも。さて、写真週刊誌FLASHですが、今回は「30週連続当選男を発見!」との見出しで兵庫のSEの男性が登場。「ABC理論」という数字を3つに分ける方法で25通り予想しております。興味のある方は、是非、お買い求めを。そのFLASHからミスターS、いやXは、1・6・16・18・39 軸を16・39で見ております。ゲイル理論の西村氏は 4・21・26・35・40を推奨。直近、11回に当選の無い数字に注目しております。いつもの如く、プロの予想陣の予想数字は不一致すぎます。信じるのは自分だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月9日~13日開催分 ナンバーズ4予想

N4_2_2 先週公開した予想はストレートリーチが出るなど、サッカー的な表現で言えば、シュートが枠を捕えはじめている感じです。サッカー日本代表は11日、W杯予選の試合ですが、僕の予想ともども内容ではなく、結果が欲しいです。(予想表はクリックで拡大)ポイントは偶数のダブル(ぞろ目)が出現しそうな気配が。俊輔のフリーキックのようにスカッとしたいデスsoccer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第431回(2月5日抽選)ロト6予想

今年に入り、当選数字が集中する傾向にあるロト6。この流れが続くか、均等型へ移行するかが予想の別れ道です。さて、まずはプロの予想から見て行きましょう。東スポの横山タダシ氏は本命に 7・15・29 を挙げて、前半数字重視で予想です。FLASHの西村氏は3・11・26・39・40 を推奨。今回は10回以上当選に無いコールドナンバーを軸に予想。ミスターXは、2・13・18・35・37 を推奨。確実に5等を狙うとの事。日刊ゲンダイの神田弘一氏は大本命に43、本命に5・6、対抗に19・27・33・35、大穴に4連続出現中の42を推奨。と、見ごとなまでに4者とも予想数字がほぼ重なりません。これが競馬やtotoと違う、ロトの魅力といえるでしょう。

僕は1口目 4・11・15・18・31・36 2口目 8・15・18・25・33・37 3口目 8・11・24・25・30・39 とほぼ均等型。2口目はミスターXの予想と似ておりますが、偶然です。明日が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »