« 東京潜伏記⑯ bunkamura ピカソとクレーの生きた時代 | トップページ | 東京潜伏記⑱ 最終章 »

東京潜伏記⑰ なんつッ亭

Nantsua Nantsub JR線品川駅下車 高輪口より徒歩1分のところに 品達 というラーメン店7軒とどんぶり店5店舗からなるフードパークがあります。参加ラーメン店が中々の実力店揃い。つけ麺 TETSU、熊本ひごもんず、旭川さいじょう等、ファンならず共に、全店制覇したくなるようなメンツです。そんな中、僕は知名度では一番といっていいでしょう、なんつッ亭を攻めました。店主は本場熊本で修行、スープにピュアな水、自家製麺、秘伝のマー油などマニア心をくすぐります。高田馬場 俺の空の時もそうだったのですがつけ麺を注文している人が結構いました。僕は初めての訪問であり、実力を確かめたいこともあり、通常のラーメンを注文(味玉も)。(700円+150円)

まず、スープを一口。ガツンと来ますが、嫌味な感じは無く、むしろマイルド。麺のモチモチ感も程よくスープを拾い、モヤシのシャキシャキ感も相性抜群です。これは人気が出ますね。個人的にコッテリやチャッチャッ系と聞くと、その言葉だけで胸やけものですが、下処理や野菜との絡みでそれが旨みになるのですね。参りました。

noodleさて、今回の3泊4日の東京訪問で6軒のお店を訪問しました。支那そばやたけちゃんにぼしらーめん俺の空函館ラーメン大門たいめいけんとなんつッ亭です。どの店も仕事が丁寧。接客も良く人気店が人気店である理由が分かった気がします。もし、東京に1か月間ほど滞在したら、食べ歩きの日々で成人病、高血圧間違いナシかな。

|

« 東京潜伏記⑯ bunkamura ピカソとクレーの生きた時代 | トップページ | 東京潜伏記⑱ 最終章 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094863/27615290

この記事へのトラックバック一覧です: 東京潜伏記⑰ なんつッ亭:

« 東京潜伏記⑯ bunkamura ピカソとクレーの生きた時代 | トップページ | 東京潜伏記⑱ 最終章 »