« 東京潜伏記⑪ 西荻窪 | トップページ | 東京潜伏記⑬ 新宿2丁目 »

東京潜伏記⑫ 高円寺

Kouenjia Kouenjib Kouenjic Kouenjid Kouenjie Kouenjif Kouenjii KouenjiinuKouienjig

高円寺といって連想するのは、筋肉少女帯の『日本印度化計画』です。「高円寺で見たターバンの男よ♪ 俺をいざなえガンジスに流れに♫』 駅に降り立つと思わず鼻歌です。商店街には東京ヴェルディの応援の垂れ幕が。西荻のFC東京、横浜駅のマリノスとJはやはり地域密着でなきゃ。コンサドーレよ、そういう点が欠けてルゾ。石崎監督に期待です。

やはり、こだわりがありますね。インド系の主婦の人や首にタトウをしたお兄さんが同じ道を歩いていても、それが自然に感じてしまいます。雑貨店もコンセプトがハッキリしている感じ。西荻が地域密着なら高円寺は日本中のヒッピー的な人が集まってくる感じです。気のせいかヴィレッジバンガードが一番、ヴィレッジバンガードらしいってとこです。

中央線巡りはこの高円寺で最後ですが、すっかり気にいりました。こんな街で北尾トロさん的な人と小さなバーでサッカー談議でもしてゆっくり暮らしたいなあ。まったく警戒心の無い犬がこの街らしかったです。

|

« 東京潜伏記⑪ 西荻窪 | トップページ | 東京潜伏記⑬ 新宿2丁目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094863/27589017

この記事へのトラックバック一覧です: 東京潜伏記⑫ 高円寺:

« 東京潜伏記⑪ 西荻窪 | トップページ | 東京潜伏記⑬ 新宿2丁目 »